医師事務作業補助者実務能力認定試験とは

医師事務作業補助者実務能力認定試験とは、医師事務作業補助者に必要な、関連法規、医学知識、保険制度、個人情報保護法、医療用語、文書作成、および電子カルテ操作に関する知識を判断する試験です。全国医療福祉教育協会が実施、認定します。

医師事務作業補助者実務能力認定試験 試験要綱

受験資格
なし
試験方式
学科試験(マークシート)、実技試験(各種書類作成)
出題内容
学科試験:関連法規・医療保険制度・個人情報保護法、電子カルテシステム・診療記録・医学の知識、医師事務作業補助体制加算・要約・語彙・文書作成、接遇とマナー
実技試験:各種書類作成(死亡診断書、出生証明書、障害者のための福祉制度、医療費の交付制度、老人福祉・保健制度、労働災害医療、公害健康被害者医療、自動車損害賠償保障法等から3文書作成)
試験時期
1月、3月、8月、10月
合格発表
試験の1ヶ月~2ヵ月後に郵送で合否通知(一般受験)
申し込み方法・時期
郵送、試験の約2ヶ月~約1ヶ月前
試験地
札幌・仙台・大宮・千葉・東京・神奈川・新潟・金沢・静岡・名古屋・京都・大阪・三宮・奈良・和歌山・岡山・広島・高松・松山・福岡・北九州・熊本・鹿児島・那覇
検定料
一般受験:7,500円
実施団体
全国医療福祉教育協会
備考
※医療機関では、所定のカリキュラムに沿って教育機関で実施する32時間以上の学習が必要とされています。
未経験からでも36時間の受講でプロになることができる最短コースはこちら医師事務作業補助者実務能力認定試験合格保証のヒューマンアカデミー「医師事務作業補助者育成講座」

資格・検定試験概要 分野別メニューへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved