造園技能士検定とは

造園技能士検定は、庭に関する必要な知識、技能が問われる厚生労働省認定の国家試験です。庭といっても住宅の庭木の手入れから公園、街路樹、公共施設、企業の工場緑化など幅広く、あらゆる現場で活かされる資格となります。造園技能士資格を持っていないものが造園技能士と称することは法律で禁じられています。

造園技能士検定 試験要綱

1級、2級、3級
受験資格
1級:実務経験7年以上、または、2級取得後2年以上。(検定職種に関する職業訓練を修了している場合、その訓練歴によって実務経験の年数が軽減されます。)
2級:実務経験2年以上。または、検定職種に関する職業訓練を修了している。
3級:実務経験6ヶ月以上。または、検定職種に関する職業訓練中の受験が可能。
上記は大まかな受験資格です。詳しくはこちら厚生労働省のページ
試験方式
学科試験(マークシート)、実技試験
出題内容
1級:(1)作業試験:指定された区画内に竹垣製作、つくばい敷設、飛石・延段敷設、及び景石配置と植栽。
(2)要素試験:樹木の枝の部分を見て、その樹種名を判定する。
2級:(1)作業試験:指定された区画内に四つ目垣製作、縁石・飛石・敷石敷設、築山、整地及び植栽作業。
(2)要素試験:樹木の枝の部分を見て、その樹種名を判定する。
3級:(1)作業試験:指定された区画内に竹垣製作、縁石敷設、敷石敷設、及び植栽の作業。
(2)要素試験:樹木の枝の部分を見て、その樹種名を判定する。
試験時期
6月から9月の間(年に1回)
合格発表
8月末(3級)・10月上旬
申し込み方法・時期
4月上旬~、各都道府県職業能力開発協会へ郵送か持参
試験地
各都道府県
検定料
標準金額は、実技試験16,500円、学科試験3,100円。各都道府県ごとに定められている。
実施団体
中央職業能力開発協会
備考

資格・検定試験概要 分野別メニューへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved